着ぐるみ

イベント用着ぐるみを使用して集客力アップ

イベントを開催するときに華となるのが着ぐるみです。
着ぐるみといえばふなっしーやにゃんごすたーなどのご当地ゆるキャラが有名ですが、特定のキャラクターを使用していなくても着ぐるみがいるだけで会場の雰囲気が一気に明るくなります。

クリスマスやハロウィンといったイメージキャラクターが分かりやすい時期ならなおさらのこと、チラシやノベルティグッズを配布するときも受け取ってもらえる率が飛躍的に高くなります。

屋外のイベントでは着ぐるみが立っているだけでなんとなく「何をやっているんだろう?」という気持ちになりますので、沿道に立っていることで通りかかる人も入ってきやすくなります。

とはいえ着ぐるみは自分で所有するとなると場所を取りますし、季節ごとにいちいちそれに合わせた着ぐるみを購入しなくてはいけません。

そこで着ぐるみレンタルを利用することで、時期にあった着ぐるみを安価で手軽に手に入れることができます。
業者に依頼をすれば前回誰かが使用したものをきちんとクリーニングしてくれるので、かぶる人にとっても抵抗感がありません。

流行りの人気キャラクターから子供受けのよい動物や恐竜まで、レンタル業者では数多くの種類を取り扱っているのでいくつか比較しながら選んでみるとよいでしょう。

レンタル予約はできるだけ早い時期に

着ぐるみのレンタル料金は業者によってかなり幅があります。
ですが料金は常に一律というわけではなく、人気の集まる時期になるとレンタル料金も高くなるという傾向が見られます。

先に説明したようなクリスマスの時期のトナカイやサンタクロース、ハロウィンの時期のジャック・オ・ランタンなどは数量が限られてくるのでオンシーズンの料金はかなり高く、早めに予約をしないと品切れになってしまいます。

他にもその年の干支や、特定のキャラクターとして人気が出てきた動物などは突発的に価格が高くなってきます。

レンタル料金は初日料金と、その後継続利用する日数によって決まります。
基本的に利用日数が長くなるほど1日あたりの使用料は安くなってくるようです。

着ぐるみの中でもそのままかぶるタイプのものより、「エアー式着ぐるみ」という、内部に空気を入れて使用するものは料金が高いです。

これは内部のバッテリースイッチを入れることで空気が膨らむようになっているので、ぬいぐるみの内部に体を接触しなくても動くことができるという利点があります。

ボリューム感が出て丸みのある体型になるので可愛らしさはより一層出すことができます。
ただし中に入るときには相当暑くなってしまいますので、慣れない人が担当する場合はしっかり水分を補給し、できるだけこまめに交代するようにしましょう。