猫

お試しで猫を飼ってみませんか?

世間で一世を風靡していると言ってもよいほど大人気のペットが猫です。
猫は気まぐれで何を考えているか分からない反面、たまに見せる仕草や態度がとてもかわいらしく、いつまでも見ていたい気持ちになります。

しかし猫にも色々な性格があり、人とも相性があります。
ボランティア活動として保護猫を数多く飼育しているという人も、10匹近く猫を飼っていると自分と仲良くなれる猫とそうではない猫とがいると言います。

ですのでいくら猫が大好きという人であっても、どの猫を引き取ってもうまくやっていけるかというと、そういう訳ではなかったりします。

ですが猫はペットとはいえ一個の生き物である以上、一旦引き取ると決めたあとに「やっぱり相性が合わないのでやめた」と放り出すことはできません。

そこで猫のレンタルサービスでは、所属している猫を1泊2日から自宅で預かり、そこでの様子を見ながら引きとるかどうかを決めることができます。

もちろん引きとりの予定は今のところないけれど、ちょっとした癒やしのために猫と一日を過ごしてみたいという人の利用もOKです。

自宅で飼いたくても出張などで外出が多いため継続的な飼育が難しいという人なども、手軽に自宅で猫との生活を楽しむことができます。

猫にストレスを与えないようにすることが前提

便利で世間のニーズにピッタリ合った猫のレンタルですが、生き物をレンタルするということについて批判的な意見を持つ人も多く見られます。

実際、猫レンタルサービスを提供している企業の中には、利益を優先させて普段から猫を粗雑に扱っていたり、無理なブリーディングを強制していたりするところがあるのも事実です。

ですので猫レンタルを利用する場合には「気があったら引き取り可能」となっているところを選ぶようにしたいところです。

猫は本来自分の縄張りを意識した生活を送る動物ですので、たくさんの人の家にあちこち連れ回されるというのは大きなストレスになります。

また、慣れない場所で動き回ることで怪我をしてしまうということもあります。
猫レンタルをする場合には、預かる猫に極力ストレスをかけないようにするという事が大前提です。

「お客様は神様だ!」などと言ったところで猫は全く気にしませんので、高い料金を支払ってレンタルをしたのに、1泊2日の間ずっと狭いところで隠れ続けているという事もあるかもしれません。

レンタル猫として出される猫ちゃんたちは基本的なしつけがされており、人にも慣れているとは思いますがそこは気まぐれな猫のことですので、どういった態度をとるかは預かってみないとわかりません。

預かるときにはあまり無理にこちらから何かをさせようとするのではなく、猫の方から心を開いてくれるのを待つのがマナーです。