布団

寝るところがない!

下宿先に両親が泊まりに来る。
親戚が大勢遊びに来る、そんな時、寝る場所はどうしますか?

みなさん、余裕のある方は、「持っている暮らし」をします。
余っている部屋には来客用の布団があり、その部屋では訪れたお客様をおもてなしできる準備が整っている。
これが、持っている暮らしです。

では、一人暮らしの下宿生などは、この持っている暮らしができるのでしょうか。
できませんよね。

ワンルームマンションに両親が泊まりに来たら、一体両親はどこで寝るのでしょうか。
娘の下宿先を訪れた際に毎度ホテルに泊まっていれば、出費がかさみます。
部屋に余裕があるのなら、布団を敷けば眠ることができます。

では、その布団はどうしますか?
今の時代では、布団もレンタルで借りることができるのです。

引き取りサービスもあるので安心!
レンタルで、持っていなければ不可能なことを実現させる、これが「持たない暮らし」です。

布団レンタルサービスとは?

布団のレンタルサービスは、ネットで受けとり日時や返却日時を指定し、申し込みます。
そして、代引きで送付されてくる布団を受けとり、返却時には業者さんへ渡します。

たったこれだけのやり取りで、布団がレンタルできるというわけです。
来客者や来訪者が来られる日時に合わせて、布団を取り寄せておき来客者が帰った後に、布団を引き取ってもらうだけ。

料金システムは、5泊の場合約五千円からというところが多く、それ以上になる場合は日数で変わってきます。
離島では別途料金が追加となる可能性があります。

実際に、借りるのと買うのではどうなの?と思うところですが。
レンタルする布団のクオリティは、まさに価格以上のものです。

かなり良質な布団をレンタルすることができます。
また、安っぽくないのでお客様が来られる時でも安心です。

布団レンタルのメリットデメリット

貸しふとんのメリット・デメリットとしては、一番のメリットは収納場所に困らないことでしょう。クリーニングは不要ですし、クリーニングされてあるのでお得感があります。
布団のクリーニングは光学ですからね。

デメリットといえば、最低限前日までには申し込みが必要なこと。
代金引き換えで送られてきますから、当日に受け取ることは不可能です。

頻繁に利用される場合は、買ったほうがお得な可能性もあります。
受け取りや引き取り時間は指定できますが、やはり業者によっては「午前中」「16時から19時」など時間拘束がある場合も。

たまに利用される程度であれば、布団レンタルはかなりお得です。
利用頻度によっては、今ある布団を処分してでも、使ってみたいと思うはずです。

布団はとてもふかふかで気持ちが良く、日本製の良質な布団ばかり。
これがこの値段で利用できるのか!?と驚くほど、とても良いレンタルサービスだと実感できるでしょう。