You are currently browsing the archives for the レンタルという文化 category.

レンタルとリースの違い

事業を始める時は

事業を運営していく際には、電話機、FAX、営業用の車や事業に必要な機械などを揃えていかなければいけません。
たとえば、飲食店でも調理器具が必要。
業務用の冷蔵庫、洗濯機など。

他にも、客席やレジやカウンター、ショーケースや冷暖房器具など。
絶対に必要で導入しなければいけないものってありますよね。

まずは、必要な備品をかき出してリストアップし、それを順番に揃えていかなければ事業はできません。
備品の調達をする方法は3つ。

買取、リース、レンタルです。
この買取の場合は、多額の資金が必要です。

事業を起こす際には、様々な方法で資金を調達することができます。
ですが、今事業を起こしてすぐに収益が得られるわけではありません。
新品にこだわるのは良いことかもしれませんが、新品でなければいけないのでしょうか?

もし資金に余裕がないのであれば、中古品を選ばなければいけないかもしれません。
ネットオークションやディスカウントショップなどでは、かなり金額を抑えることも可能です。
まずはレンタルやリース、買取の違いを把握しましょう。

リースとは?

リースとは、使いたい必要な機器を選択して、リース会社と契約をして一定額を支払っていくというもの。
コピー機や会社用の車など、事業で必要な物はすべてリースをすることができます。

リースは買取よりも割高になると言われています。
ですが、買取と比べると、個人事業主の方にとっては利点がたくさんあります。
確定申告をする際に、減価償却をする必要がありません。

毎月のリース料はそのまま経費として計上することができます。
税務上では、とても良い節税となるわけです。

リース期間を過ぎたら、これまでの分を毎年契約に変えることができます。
また、リース期間を満了したら、機器の買取に応じてくれることもあります。

レンタルとは?

レンタルについて、金額的に考えたら割高になってしまうというデメリットがあります。
ただ、使用期間が短期間の場合やイベントなどの目的の場合は、レンタルでも効果的です。
レンタル期間が過ぎたものは返却しますから、無駄がありません。

おしぼり、観葉植物、などはレンタル会社が新しいものへと定期的に交換をしてくれるので、とても楽です。
では、リースとレンタルについて、その違いを見てみましょう。

対象となる物件は、レンタルの場合イベントなど短期間使用する場合。
そしてリースの場合は事業で用いている大方の物件が対象となっています。

メリットとしては、レンタルは使用後、返却しますから保管場所に困らないこと。
そしておしぼりはレンタル会社が来て定期的に交換をしてくれること。

リースのメリットとしては、機種やメーカーが選べること。
モデルチェンジなど途中で変更できること。

リース料を全額経費にできること。
でも途中での解約ができないことがデメリットとなっています。