熱帯魚のレンタル

殺風景な室内が一気に華やかになる熱帯魚のレンタル

オフィスやお店の中など、一日中多くの人が訪れる施設内のインテリアにおすすめなのが熱帯魚のレンタルサービスです。

熱帯魚は自分で購入とセッティングをしようとするとかなりの金額がかかり、毎日のメンテナンスも大変です。

そこで便利なアクアリウムレンタルを利用することで面倒な購入とメンテナンスの手間を省くことができ、必要なときにだけ室内を飾れます。

熱帯魚レンタルサービスの利用例としては、オフィス空間での癒やしや応接室のインテリアの他、お店や医療施設で訪れる人にインパクトを与えるといったことがあります。

大きな水槽で優雅に泳ぐ熱帯魚は見ているだけでなんとなく心安らぐものですので、何もないときには殺風景に見える空間も、水槽一つで一気に雰囲気のよい空間にすることができます。

他にも結婚式や披露宴のようなおめでたいパーティーの席に飾ったり、展覧会や発表会の席に使用したりと利用シーンはさまざまです。

熱帯魚レンタルはワンフロア全部を埋めるような大規模なものから、わずか数十センチ程度の金魚鉢のような小さなものまで対応が可能なので、十分に設置面積がないという場所でも安心です。

実際に室内のどのあたりにどんな魚を配置すればいいかということがわからないなら、専門スタッフのいるお店に依頼をすることで事前に見積に来てもらい、そこで配置提案を受ける事もできます。

具体的に熱帯魚レンタルはいくらで利用できるか

気になるレンタル料金ですが、設置する水槽サイズや魚の種類によって若干異なってきます。
最も小さな1m以内の水槽であれば相場料金は1万円~3万円くらい、150cmを超える巨大水槽になると5万円~7万円くらいの料金がかかってきます。

魚は淡水魚ならば比較的安めですが、海水魚水槽になるとぐんと料金が高くなってしまいます。
一般的な熱帯魚水槽は「アクアリウム」という砂利や水藻を配置したものとなっていますが、オプションとして「テラリウム」水槽を選ぶことも可能です。

テラリウムとは、水槽内に植物を栽培するというミニチュアの自然状態を再現したもので、魚以外にも爬虫類などの小動物を飼育することができます。

気をつけたいのが上記で紹介をした料金はあくまでも設置にかかる料金であり、水槽のランニングコストはまた別途かかってきてしまうという点です。

アクアリウムやテラリウムは、中の魚類に酸素を送るためにポンプや浄水器を設置しなくてはいけませんし、見栄えをよくするために常にライトアップされた状態となります。

意外にこのランニングコストが高くついてしまい、毎月の電気料金が一気に上ってびっくりしたということもありますので、設置前に業者の人にどのくらいかかるか尋ねて見た方がよいでしょう。